平成24年12月


総合計画の達成状況の公表を

哘清悦

 七戸町長期総合計画の達成状況と、議員が一般質問で提案した

案件の進捗状況や達成状況を、一覧表にまとめて公表する考えが

ないかを尋ねます。


町民による評価を25年度に予定

町 長

 進捗状況は、事業ごとに重要性や進捗状況を加味して、定例会

や常任委員会で説明しております。町民に対しては広報しちのへ

、議会広報などで報告できているものと思っています。

 計画全体の評価は、町民による第三者評価を含めて平成25年

度に実施する方向で準備を進めています。


雇用創出の取り組みと成果を示せ

哘清悦

 農業及び商工業、七戸町雇用創造協議会において実施した雇用

創出のための取り組みとその成果(人数)を尋ねます。


延べ316人が雇用された

町 長

 農産物加工処理施設など三つの事業で14A雇用、着地型観光

推進事業など四つの事業で10人雇用、芸術文化観光推進事業で

1人の雇用があり全体で25人が雇用され、事業終了後も21人

が継続雇用されています。緊急雇用剔出事業では、21年度から

現在迄、延べ291人が雇用されています。

 雇用創造協議会では、推進事業で、体験型観光先進地体験視察

研修と販路拡大セミナーを実施し5社の参加がありました。

 観光コンシェルジュ養成セミナー15回、各セミナーを63回

開催して、受講者延べ214人で就職・転職・創業したものは5

6人です。

 実現事業では、観光サイト事業「ホームページ旅の蔵開設」と

、おみやげ開発事業「馬肉のみそ炊き他5品」があります。

 馬肉のみそ炊きは駅弁「さくら弁当」として、七戸十和田駅で

販売されています。


小中併置校案を追加できないか

哘清悦

 天間東小学校、天間舘中学校、榎林中学校は、震度6強の地震

で崩壊あるいは倒壊する危険性があります。天間林地区の来年度

の小・中学生の人数は、合わせて490名です。

 天間西小学校は、構造耐震のIS値でも問題がなく720名収

容でき、耐用年数もあと25年ありますので、小中併置校として

利用するのが最適で、校舎の新築は、児童・生徒が大幅に増えて

からでも遅くはないと思います。

 七戸町学校規模適正化基本計画と町民対象のアンケートに、私

の案を追加する考えがないかを尋ねます。


追加はできない

町 長

 小中併設校の可能性は、国の設置基準に満たないため厳しいと

考えます。

 地域との合意、地域振興の絡みがあるので軽々しく論じられる

ものではないため、議員の案を追加することはできません。


南部縦貫株式会社への対応を示せ

哘清悦

 南部縦貫株式会社の社員の選考・採用方法に関する提案状況と

、前社長が選任された経緯を尋ねます。随意契約する際の金額の

積算根拠についても業務毎に説明願います。

 随意契約の法的根拠として前回町長は、「業務内容の公共性を

重視し、住民サービスを低下させないため」と答えましたが、当

町が行う支出負担行為の中で公共性が低いものや全くないものが

あるのか、また競争入杜に変えた場合に想定されるサービスの低

下とその理由を尋ねます。

 2年前の9月議会で同社の問題が取り上げられた時点で、早期

解決に向けて動くべきだつたと思います。

 安易な税金投入による救済や特別扱いは多くの町民が認めませ

ん。町長としての責任を果たして来たのかについて尋ねます。


労働者の雇用の安定を

町 長

 前社長の選任経緯の説明は受けていません。社員の採用方法に

ついても提案や意見を申し立てる立場でないためしていません。

 町が発注するものに公共性のないものはありません。

 同社との契約については、青森労働局から契約内容の是正指導

を受け、労働者の一定期間の雇用の安定と、医療・給食関係業務

等に間違いの起きないように、町の業務仕様書に棊づく見積書を

精査して随意契約しています。

 いずれは競争入杜に付していきます。

 2年前の質問は、タクシー事業の赤字の関係で、新幹線開業で

黒字転換も可能ということでした。震災の影響で稼働率が減り、

事業の売却を視野に入れた検討を提案しています。